english
診療メニュー

インビザライン

インビザラインのメリット・デメリット
インビザライン

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット
透明で目立ちません
透明で目立ちません
薄くて透明なマウスピース装置のため、見た目に装着していることがほとんどわかりません。また、ワイヤー矯正のように口元が出っ張るということがないため、見た目も悪くなりません。
周囲に気づかれず、見た目に変化なく矯正治療が行えるので、接客業や人前で話す職業の方、人に見られる職業の方にも大変好評を得ています。
取り外しができるので生活が不便になりません
取り外しができるので生活が不便になりません
インビザラインのマウスピースは、患者さま自身で取り外しが可能です。
そのため、歯磨きやフロスも普段通り行えますし、マウスピースも歯ブラシできれいに洗浄できるので、とても衛生的です。
また、装置は外してお食事していただきますので、ワイヤー矯正のように器具に食べ物が絡み付くこともなく、食べものの制限などもなく、これまで通りお食事を楽しんでいただくことができます。
違和感や痛みがほとんどありません
マウスピースの装着時、最初は多少締めつけられるような感覚がありますが、数時間後には特に感じなくなります。
ブラケットやワイヤーを使用しないため、口の中を傷つけたり、ブラケットが外れたりといったトラブルもありません。
また、歯が動く時に感じる痛みに関しても、痛みが出にくいように設計されているため、ワイヤー矯正と比べて痛みはかなり少なめです。
通院回数、チェアータイムが最小限です
通院回数、チェアータイムが最小限です
インビザラインは、患者さまご自身で装置を交換していただくことで治療が進んでいきます。そのため、一般的な矯正に比べて通院回数が少なく済み、また、通院時のチェアータイムも少なめですので、お忙しい方や遠方からの通院の方にもとても向いています。
矯正中に虫歯ができても治療ができます
マウスピースは取り外し可能なので、万が一虫歯ができたとしても、治療が可能です。ただし、歯の形が大きく変わってしまうような、被せ物をする治療などの場合には難しい場合もあります。
金属アレルギーの心配がありません
金属アレルギーの心配がありません
素材がプラスチック製の為、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
金属アレルギーで矯正治療を断念した方も、安心して治療を受けて頂くことができます。
治療後のイメージを見ることができます
矯正中に同時にホワイトニングもできます
インビザライン独自の機能として、治療のシミュレーションや、仕上がりイメージをスクリーン画面上で確認でき、治療期間をほぼ正確に知ることができる、ということがあります。そのため、将来の見通しが立ちやすく、治療へのモチベーションも高まります。

インビザラインのデメリット

インビザラインのデメリット
装置をきちんとつけないと効果が現れません
インビザラインは取り外しができる装置であるため、ご自身での管理が必要不可欠です。治療効果を得るためには、1日に20時間以上マウスピースを装着する必要があり、それに満たない場合には予定通りの効果が出ず、治療期間が延びてしまったり、歯並びが後戻りをしてしまってマウスピースを作り直ししなければならなくなったりすることもあるため、注意が必要です。
インビザラインで治療ができないこともあります
歯並びの状態や、顎の形、大きさなどによっては、インビザラインでの治療が不可能な場合もあります。インビザラインで治療ができない場合には、ワイヤーを使った矯正治療法をおすすめします。
マウスピースの取り扱いに注意が必要です
マウスピースをつけたまま色のついたコーヒーなどの飲み物を飲むと、内部に着色してしまって目立ってしまったり、糖分の入っている飲み物の場合、虫歯のリスクを高めてしまったりする恐れがあります。
また、外したマウスピースを保管する際には、紛失しないよう十分な注意が必要になります。仮に紛失してしまった場合、マウスピースを再制作する必要があり、治療期間が延びてしまう原因となりますので気をつけましょう。
様々な歯並びに対応できる
矯正治療
  1. インビザライン
  2. インビザライン
  3. インビザライン
  4. よくあるご質問
診療メニュー
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • インビザライン
  • 滅菌体制
  • ホワイトニング
  • 定期健診

お電話でのご予約・
お問い合わせ

当日の予約が可能です。 お気軽にご連絡ください。
電話番号
診療時間
診療時間表
診療カレンダー
2024年6月
2024年7月