english
診療メニュー
定期健診
定期健診
定期健診
定期検診(リコール・予防歯科)とは
治療が無事終わっても、健康を取り戻し、きれいになった状態を永く保つために、定期検診(リコール)はとても大切な要素です。定期検診では様々なチェックを行い、早期発見・早期治療を可能にしていくだけでなく、歯のクリーニングも行なっていくことで、虫歯や歯周病を未然に予防していき、常に健康で気持ちの良いお口を保っていくことができます。

定期検診・予防歯科が大事な理由

歯科というのは、他の診療科に比べて、定期検診や予防というものが、歯を健康に保つ上で非常に重要になってきます。その理由を見ていきましょう。
虫歯や歯周病は歯磨きだけでは防ぎにくい

1.虫歯や歯周病は歯磨きだけでは防ぎにくい

実は、歯ブラシによる歯磨きで落とせる汚れは6割程度であると言われています。デンタルフロスなどの補助用具を併用した場合でも、取り切れる汚れは9割程度で、それが蓄積することで多くの人は虫歯や歯周病になってしまっています。
一度治療したところというのも同様で、常に再発のリスクを抱えています。そのため、汚れが蓄積しすぎないタイミングで、検診、クリーニングを受けることが大事です。
早期発見・早期治療ができる

2.早期発見・早期治療ができる

虫歯や歯周病というのは初期症状に乏しく、ある程度進行してから出ないと痛みなどの症状を出しません。そのため、自分で症状を自覚する頃には手遅れになっていることもあります。
虫歯は歯が破壊され、歯周病は骨が破壊される病気です。いずれも、破壊された部分というのは、治療をしても進行を止めているだけに過ぎず、再発を起こせば、より状況はひどくなっていき、だんだんと歯を失う方向に近づいていきます。
定期検診に通うことで、症状のないうちに小さな異変を見逃さず、早急に対処することが可能になりますので、歯をできるだけ長持ちさせることができます。
詰め物・被せ物は劣化する

3.詰め物・被せ物は劣化する

虫歯を治療して、「もう治った」と放置してしまう人がいます。ですが、人工物を詰めたり被せたりしたところというのは、食事や噛み合わせの刺激、外力、材料自体の劣化などにより、元の状態を保てなくなっていき、虫歯が再発するリスクがあります。
そのため、治療したところは特に、定期的なチェックを行い、人工物に異常が見られる場合や、虫歯の再発が起こり始めた場合には、早めに対処できるようにしておく必要があります。
口臭予防、歯の白さの維持

4.口臭予防、歯の白さの維持

セルフケアだけではどうしても磨き残しが出ますし、歯石も溜まってきます。そうすると、歯磨きだけでは取りきれない口臭というものが出てきてしまいます。
また、歯には飲食物の着色が起こり、こちらも歯ブラシではなかなか落とすことができません。
このような口臭や歯の着色を悪化させず、気持ちの良いお口を保つためにも、定期的なメンテナンスというのはとても大事です。
口の中の他の病気を早期発見できる

5.口の中の他の病気を早期発見できる

検診の際には、虫歯や歯周病チェックだけでなく、粘膜や舌など、お口全体の健康状態のチェックも行います。もし何か異変が見られる場合でも、早めに対処できるので安心です。
口の中の他の病気を早期発見できる
口の中の他の病気を早期発見できる
定期検診では、次のようなチェックを行います。
  • 歯茎のチェック
  • 虫歯のチェック
  • 咬み合わせのチェック
  • 治療した被せものやインプラントのチェック
  • お口の粘膜状態のチェック
  • お子様の歯の生えかわり、歯並びのチェック
など

定期検診(リコール)の間隔

当院では、お口の状態に応じて、1ケ月、3ケ月、6ケ月などの間隔でリコールの案内をしております。
患者様お一人おひとりに合った定期検診・ケアをご提案させて頂き、健康な歯を長く保つ事ができるよう、しっかりサポートさせていただきます。
虫歯や歯周病などの歯の病気は、日頃のセルフケアと定期的に歯科で検診を受けて頂くことで防ぐことのできる病気です。
ぜひ、一緒に取り組んでいきましょう!

予防歯科の取り組み

ブラッシング指導

ブラッシング指導
一見、それほど問題のなさそうなお口の中も、歯垢(しこう)を特殊な液で染めてみると、磨き残しが一目で分かります。 歯磨きの大切さ、磨けているところとそうでないところを理解して頂くことができます。

歯のクリーニング(PMTC)

歯のクリーニング(PMTC)
毎日のセルフケアで取り残したプラーク(歯垢)や歯石は、歯科医院専用の機械や器具ですみずみまで落とすことができます。
着色もきれいに落とすことができるので、歯のくすみも取れ、歯の白さが蘇る効果もありますし、口臭もスッキリ改善します。
また、歯の表面がツルツルになることで、プラークや着色汚れがつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防効果も高まります。

フッ素塗布 虫歯予防

フッ素塗布 虫歯予防
フッ素塗布 虫歯予防
フッ素は虫歯予防に効果があると言われています。
その働きとして歯質の強化、再石灰化の促進、虫歯菌の働きの抑制の3つがあげられます。最近は多くの歯磨き粉にフッ素が含まれており、ある程度の虫歯予防効果は期待できるのですが、微量なため、虫歯リスクの高い方(お子さんや虫歯のできやすい方)に関しては、より確実な虫歯予防効果を出すために、歯科医院での定期的なフッ素塗布がおすすめです。
当クリニックでは、3ヶ月に1回、定期検診時に、高濃度(市販の10倍程度)のフッ素塗布を行っています。塗布後は30分間うがいや飲食は控えて下さい。
診療メニュー
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • インビザライン
  • 滅菌体制
  • ホワイトニング
  • 定期健診

お電話でのご予約・
お問い合わせ

当日の予約が可能です。 お気軽にご連絡ください。
電話番号
診療時間
診療時間表
診療カレンダー
2024年6月
2024年7月