電話する

地図

ブログ

メニュー
■■ 休診日のご案内 ■■
2021年8月12日(木)~8月15日(日)まで
休診とさせて頂きます。
ヘッダーオファー

上の歯のインプラントって難しいの? 箕面の歯医者さんの質問箱その2

2019年12月5日

こんにちは 箕面市の総合歯科医院 ヴィソラデンタルクリニック院長の花山です。

今日は日々の診療でよくご相談を受けるインプラントについてお話しさせていただきます。

患者様の中で、「インプラントをしたいけど、前の歯医者さんに上の歯のインプラントはできないと言われました。下の歯に比べて上の歯のインプラントって難しいんですか?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

こういった質問の背景には、上の顎骨の中にある上顎洞という、副鼻腔の存在があります。

上の奥歯を失うと、上顎洞が下の方まで降りてくることがあり、その結果骨の高さが少なくなり、インプラントを入れるのに十分な骨が足りなくなってしまうのです。

インプラント は骨の中に入れるので、当然骨がなければインプラントを入れることはできません。そして多くの場合、その骨の高さが足りないため、インプラント治療が困難と言われてしまうのです。

しかし、現在のインプラント治療のテクニックは非常に発展しており、CTとコンピュータを用いた正確な診断と、高度な手技による外科手術によって上顎洞底を持ち上げ、そこに骨を作ってインプラントの埋入を可能にすることができるのです。

当院では、そのような特殊な手術を日常的に行っていますので、基本的に骨の高さの少ない上顎でもインプラントが可能です。

先日行われたケースをひとつご紹介します。

左上に2本のインプラント を予定している患者様です。

当院で撮影したコンビームCTを見てみますと、奥のインプラントの予定部位に骨の高さが足りず、そのまま埋入するとインプラントが上顎洞に飛び出してしまいます。。

そこで、上顎洞挙上術という方法を用いて、インプラント の周囲に骨を作ってインプラント 埋入を可能にします。

上図のように、かなり骨が不足しているような状況でも、このテクニックを用いれば十分にインプラント は可能です。

当院では、インプラントの埋入位置をコンピュータで正確に事前診断し、最適なポジションを決定した後、その位置にパーフェクトに埋入するためのサージカルガイドを作製します。

その結果、術前の診断とまったく同じ結果を安全確実に行うことが可能になります。

処置時間も短縮でき、侵襲も最小限に抑えることができるので、患者様の負担も少なく、大変喜ばれます。

もし、一度インプラント治療を断られた経験のある方がいらっしゃいましたら、一度ヴィソラデンタルクリニックにご相談にお越しください。

インプラント相談 のCT撮影は無料で行っていますので、お口の状態を詳しくご説明させていただきます。



取り外せて「食事の制限がない」見た目が「気にならない」ヴィソラデンタルクリニックの矯正マウスピース矯正(インビザライン)

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-725-1810へ

診療時間
9:30〜19:00
木曜日・祝日・年末年始・お盆・GW
ご予約・お問い合わせはこちら
ヴィソラデンタルクリニックの外観
フッターオファー
© ヴィソラデンタルクリニック