english
診療メニュー

インプラント治療

インプラント
インプラント
歯を失ってどの治療法にしようかお悩みではありませんか?
インプラントなら、天然の歯の状態に限りなく近づけた形で、歯を取り戻すことができます。
インプラントは開発されてから半世紀以上の歴史を持ち、品質や治療法に改良が重ねられています。
近年では新しいデジタル技術を組み合わせることにより、精度が高い治療が可能で、過去だと不可能とされていた難症例に対しても、多くの場合治療が可能になってきています。

歯を失った方へ

インプラントとは?

歯を失った方へ
インプラント治療とは、歯を失った部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、 その上に人工の歯を入れる治療法です。
ブリッジや入れ歯といった従来の治療法とは異なり、天然の歯のように人工歯根が顎の骨にしっかりと固定されるので、まるでご自分の歯が蘇ったかのような感覚が得られるのが最大の特長です。
インプラントの材料として使われている純チタンは、非常にアレルギーを起こしにくく、骨と一体化して生体にも優しい材料で、人工関節など、医療の現場でも多く用いられています。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラントのメリット
  • 天然歯に近い咀嚼能力が得られ、よく噛める
  • 天然歯のような見た目にすることができる
  • 単独で歯を回復できるので、周囲の歯を削ったり、負担をかけない
  • 他の治療法と違い、顎の骨が痩せるのを防ぐ
  • お手入れが簡単
  • お手入れ次第では半永久的に持たせられることもある
  • 入れ歯に応用すれば、固定式の使い勝手の良い入れ歯にすることができる
インプラントのデメリット
  • 保険適用がないので、治療費が高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長め

インプラントと従来の治療法との違い

インプラント
良い点
  • 異物感がほとんどなく、固いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を削らずに済み、力の負担もかけない
  • 見た目が自然
  • メインテナンス次第では、非常に長期間安定する
  • お手入れしやすい
  • 骨が痩せるのを防いでくれる
悪い点
  • 健康保険適用外のため、費用の負担が大きい
  • 外科処置が必要になるため、全身的な疾患がある場合には適さないことがある
  • 治療期間が比較的長くなる
ブリッジ
良い点
  • 異物感が少なく、しっかり咬める
  • 保険適用の場合、治療費を抑えられる
悪い点
  • 隣の歯を大量に削る必要がある
  • 被せる歯に過大な負担がかかる
  • 保険治療の場合、審美的に問題が出る場合がある
  • 清掃に手間がかかる
  • 歯の欠損が多い場合には適用できない
  • 骨が痩せてしまう
入れ歯
良い点
  • 歯をほとんど削らず、比較的短期間で治療を終えることができる
  • どんなケースにも対応できる
  • 保険適用の場合、治療費を抑えられる
悪い点
  • 異物感が大きい
  • 歯磨きの際にいちいち外す必要がある
  • 審美的に問題が出る場合がある
  • 金具がかかる歯に大きな力の負担がかかる
  • 骨が痩せてしまう
※ インプラント治療は、医療保険が適用されません(自費診療)

デジタル技術を取り入れた、安全性・精度の高いインプラント治療を行なっています

入れ歯
成功率が高く、安全なインプラント治療を行うために、当院では、事前にCTスキャン診査と口腔内のスキャンニングを行い、シミュレーションシステムなどの先進のデジタル技術を取り入れたインプラント治療を行なっています。

専用オペ室完備

入れ歯
歯茎を切り開くインプラントなどの外科手術の場合においては、感染予防対策が特に大事になってきます。
当院では、普段から器具の滅菌をはじめとする院内感染対策を徹底的に行っておりますが、インプラント手術の際には、専用のオペ室を使用するなど、さらに厳しいレベルでの衛生管理を行い、無菌的な環境での手術をご提供いたします。

インプラント手術時の痛みや腫れについて

インプラント手術と言われると、怖いイメージがある方もいるかもしれません。
ですが、インプラント手術はほとんどの場合、通常の歯科治療で使用する局所麻酔で痛みを感じずに行うことができます。
手術の際にはもちろん麻酔をしっかりと効かせた状態で開始しますので、手術中に痛みを感じることはほとんどありません。
手術後2〜3日くらいは痛みや腫れが多少出てきますが、処方される薬を服用していただければ通常は辛い思いをすることもありません。
当院のデジタルガイドサージェリーでは、治療における侵襲が最小限にすることが可能なため、痛みや腫れも従来より少なくすることができます。
笑気麻酔、静脈内鎮静法(リラックス麻酔)も可能です
歯科恐怖症の方、手術に対する不安感が強い方には、気分が楽になる安全な笑気ガスを事前に使用したり、点滴麻酔で鎮静剤を投与しながら不安感を感じずリラックスして手術を受けていただくことも可能です。ご希望の方は事前にお伝えください。

インプラント治療の流れ

STEP1
診査・診断
診査・診断
口腔内診査やレントゲン写真、CT撮影などを行い、インプラント治療が可能かどうかの判断、治療計画の作成をしていきます。
また、必要に応じてシミュレーションを行い、インプラントを埋め込む位置を決めていきます。
STEP2
インプラント手術
一次手術
一次手術
歯茎を切開し、インプラントを埋め込む為の穴を開けます。そして、しっかり固定するようにインプラントを埋め込み、歯茎を閉じます。
二次手術
二次手術
3〜6ヶ月後、インプラントが骨と結合したら、再度歯茎を開き、インプラントの頭を出します。
STEP3
被せ物の型取り〜装着
被せ物の型取り〜装着
二次手術から2週間以上経って歯茎が治ったら、被せ物を作製する為の型取りをし、天然歯と見分けのつかない人工歯を装着します。
STEP4
メンテナンス
メンテナンス
インプラントを長期的に快適に使用し、お口の状態を健康に保つためには、定期的なメンテナンスを行なっていく必要があります。
インプラントの状態に応じて定期的なチェック(1~6ヶ月毎)を行い、インプラントの長期的な安定をはかります。

骨造成治療(骨を増やす治療)

メンテナンス
骨が足りずに、他院でインプラントを断られた方もご相談ください
インプラントを埋めるためには、十分な量や高さの骨が必要です。ところが、歯を失った部分の骨というのは、痩せてしまっていることが多く、そのままではインプラント治療が不可能ということも少なくありません。
そのような場合には、骨を増やす「骨造成治療」を行うことでインプラント治療ができる可能性があります。
当院では、各種骨造成治療を行なっておりますので、過去に「骨が足りない」という理由でインプラント治療を断られたことのある方でも、お気軽にご相談ください。

あんしんの5年保証

あんしんの5年保証
インプラントは成功率が高い治療法で、9割以上のインプラントは10〜15年経っても抜け落ちずにお口の中にとどまっているという厚生労働省の調査結果もあります。
ですが、できるだけ皆様に安心してインプラント治療を受けていただくためにも、当院ではインプラントの5年保証制度を設けております。
当院においても、インプラント治療をされた方の大半は、インプラントを長期間良い状態でお使いになっていますが、中には予期せぬ事態が発生することもあります。そのような場合でも、インプラントの保証制度があると安心です。
※保証を受けていただくためには、当院指定の定期メンテナンスを受けていただくなどの条件があります。

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療をお考えの方へ
インプラントなどの外科手術の場合、特に大事なのは感染予防です。 ヴィソラデンタルクリニックでは、滅菌にも細心の注意を行い、全ての器材をオートクレーブで滅菌しておりますので、衛生面でも安心して治療を受けていただくことができます。
また、インプラントは、すべての患者様が出来るわけではありません。きちんとした術前検査が必要です。ブリッジや義歯と比べても丈夫で長持ちしますが、定期的な経過のチェックとメンテナンスは欠かせません。
当院では「インプラントの相談」も承っておりますので、興味のある方は、ぜひお気軽に、当院までお問い合わせください。
自分の歯のように快適!
インプラント
  1. インプラント治療とは
  2. インプラント ガイドサージェリー
  3. 丁寧なカウンセリング
  4. 安心のアフターケア
診療メニュー
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • インビザライン
  • 滅菌体制
  • ホワイトニング
  • 定期健診

お電話でのご予約・
お問い合わせ

当日の予約が可能です。 お気軽にご連絡ください。
電話番号
診療時間
診療時間表
診療カレンダー
2024年6月
2024年7月