english
診療メニュー

滅菌体制

滅菌体制
感染予防対策
万全の感染予防対策で、快適・安心な治療環境をご提供します
当院では、患者さまに安心して気持ちよく治療を受けて頂くために、院内全体の清潔を保つのはもちろんのこと、器具類の徹底した消毒・滅菌や、院内感染防止対策にできる限りの力を注いでいます。
滅菌・消毒をきちんと行うためには、膨大な手間、経費がかかります。
しかし、当院では、患者様やスタッフの安全を第一に考え、治療器具の滅菌・消毒を徹底して行うという選択をしています。

当院の感染防止対策

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で器具類を完全滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で器具類を完全滅菌
医療器具は無菌状態を保つ必要があります。そのためには、器具類は丁寧に洗浄した後、オートクレーブという滅菌器で完全に滅菌を行います。
滅菌の際には、個別の滅菌パックに入れてしっかりと封がなされた状態で行うため、滅菌が終わってオートクレーブから取り出した後にも汚染されることがありません。
当院では、滅菌消毒済みの機材は使用直前まで紫外線殺菌ケースに収納していますので、患者さまに使用される直前まで無菌的な状態が保たれます。
オートクレーブにかけられない器具類はガス滅菌で滅菌処理
オートクレーブにかけられない器具類はガス滅菌で滅菌処理
熱に耐えられない器具、サビに弱い器具はオートクレーブにかけられないため、丁寧に洗浄した後、ガス滅菌器で滅菌処理を行います。

ハンドピースも毎回滅菌します

ハンドピースも毎回滅菌します
ハンドピースというのは、歯を削る際に使用する、いわゆる「ドリル」の部分です。ハンドピースは歯科治療において、よく使うものですが、患者さまの口の中に入るものであるにもかかわらず、表面をさっと消毒する程度で次の患者さんに使う、というようなことも多く行われているようです。
当院では、万全の感染防止対策を行うために、一度使用したハンドビースは必ず滅菌にかけ、次の患者さまに使用する際には、無菌的状態になるようにしています。

ディスポーザブルの最大活用

ディスポーザブルの最大活用
コップや前掛けなどは、患者さまごとにディスポーザブル(使い捨て)を使用し、感染リスクを避けます。
歯科医師や歯科衛生士が治療の際に使用するグローブ(ゴム手袋)も、もちろん使い捨てのもので、患者さまごとに必ず交換しています。

口腔外バキュームで飛沫を周囲に飛ばさない

口腔外バキュームで飛沫を周囲に飛ばさない
歯科治療を行っていると、削りカスや水飛沫、そして唾液や血液なども周囲に飛散します。そのようなものが空気中に浮遊すると、そこに混じっているウイルスや細菌などを誤って吸い込んでしまう恐れがないとも言えないため、当院では、口腔外バキュームを稼働させ、空気中へ飛散するのを防ぎます。

手術の際にはオペ室を使用

手術の際にはオペ室を使用
インプラントをはじめとする外科手術を行う際は、細菌感染に対するハイレベルな対策が必要となるため、完全個室のオペ室を使用し、無菌的な環境での施術を行っています。

使用後のユニット清拭・消毒の徹底

使用後のユニット清拭・消毒の徹底
患者さまの治療が終わった後は、歯科ユニット(診療台)を丁寧に清拭、消毒し、常に清潔な状態が保たれています。
診療メニュー
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • インビザライン
  • 滅菌体制
  • ホワイトニング
  • 定期健診

お電話でのご予約・
お問い合わせ

当日の予約が可能です。 お気軽にご連絡ください。
電話番号
診療時間
診療時間表
診療カレンダー
2024年2月
2024年3月