電話する

地図

ブログ

メニュー
■■ 休診日のご案内 ■■
2021年8月12日(木)~8月15日(日)まで
休診とさせて頂きます。
ヘッダーオファー

フロス使ってますか? 箕面の歯医者さんヴィソラデンタルクリニック

2020年2月7日

こんにちは、ヴィソラデンタルクリニックのアシストチームです。

2月に入ってからまた冷え込みが激しくなりましたが、皆様体調はいかがでしょうか。

寒くなると暖房器具に頼りがちになってしまいますよね((+_+))

空気が乾燥すると風邪をひきやすいので、手洗いとうがいをしっかり行って下さいね!

 

さて今回はフロスの重要性についてお伝えしたいと思います。

フロスとはいわゆる糸ようじのことなのですが、皆様毎日使われてますか??

実は使っていない方の方が多いのではないでしょうか。

 

「Floss or Die(フロスをしますか、それとも死にますか)」

これはアメリカのメディアが国民に向けて発信したメッセージです。ちょっと大げさな感じがしますよね。。。いかにフロスが重要なのかお伝えしますね。

 

日本人の約8割の人が抱えている病気。それは「歯周病」

お年寄りの方がなる病気だと思われがちですが、実は小学生でも歯周病になる手前の「歯肉炎」になっている方が4割もいるといわれています。

歯周病になると歯を支えている骨が溶け始め、最終的には歯がグラグラに。。。

さらに恐ろしいことに、歯周病にかかると狭心症、心筋梗塞などの病気を引き起こす可能性があります。「Floss or Die(フロスをしますか、それとも死にますか)」この言葉はおおげさではないのかもしれませんね。

歯周病で溶けてしまった骨はもとにはもどりません。ですから早いうちに進行を止める必要があります。歯みがきだけでは取り除くことの難しい歯と歯の間の汚れは、フロスを使う事で取り除く事が出来ます。歯ブラシのみ使用した場合の歯垢除去率はなんと約58%なのです。

歯みがきをした後に試しにフロスを通してみると、いかに汚れが残っているかがよくわかりますよ( ;∀;)

歯みがきをする時間、歯ブラシだけでなくフロスを習慣化して虫歯・歯周病を予防しましょう!!

当院でもフロスの販売を行っています!!使い方は医師や衛生士が詳しく説明いたしますし、リーフレットもございますのでお気軽にご相談ください(/・ω・)/

皆様のお口の健康を守る為にサポートできたらと思いますので、ぜひ一度ご来院ください。

 

 

 

 



取り外せて「食事の制限がない」見た目が「気にならない」ヴィソラデンタルクリニックの矯正マウスピース矯正(インビザライン)

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは072-725-1810へ

診療時間
9:30〜19:00
木曜日・祝日・年末年始・お盆・GW
ご予約・お問い合わせはこちら
ヴィソラデンタルクリニックの外観
フッターオファー
© ヴィソラデンタルクリニック